無料DAW「Reaper」の導入方法

DTM

Reaperは音声編集ソフト(DAW)です。

現行版は有料ですが、v0.999は無料で使えます。

Reaper0.999の導入方法を簡単に説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Reaperのインストール

Reaper配布元サイトからダウンロードします。

Reaper0.999は32bitだけしかないと思います。

Reaper0.999

そのままインストールするとProgram Fileに入ります。

インストールするとReaperを起動するか聞かれます。

起動してもいいのですが、ひとまず「いいえ」

正しくインストールされなかった可能性がある、と表示されてもキャンセルでいいです。

デスクトップにショートカットが作成されます。

Reaperの日本語化

Reaperは英語のソフトですが、パッチをあてることで日本語化できます。

こちらのサイトから、日本語化パッチをダウンロードします。

ファイルを解凍します。

解凍したフォルダ内の「Reaper0.999日本語化1.01.EXE」ファイルを、Reaperをインストールしたフォルダの中に移します。

「Reaper0.999日本語化1.01.EXE」を実行します。

ASIOドライバーのインストール

信号が入力されてから発音するまでには、遅延(レイテンシー)が発生します。

遅延を抑えるASIOドライバーをインストールしておきます。

ASIO4ALLの最新版をダウンロードします。

実行してそのままインストールでOK。

Off-Line Settigsにチェックを入れると、ASIO4ALL設定画面のショートカットができるので便利かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました