無料ベースアンプシミュレーター「TSE B.O.D」の導入方法

DTM

TSE AUDIO「TSE B.O.D」は無料で使えるベース用プリアンプのプラグインです。

ベースのアンプシミュレーターって何がいいんだろう?
という場合にとりあえず入れておけば、これだけでも足りてしまうかもしれません。

ベーシストにはおなじみのSansamp  Bass Driver DIをシミュレートしています。

導入方法を簡単に説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TSE B.O.Dのダウンロード

公式サイトからダウンロードします。
tseBOD
現在はv3.0です。

OSに合わせてインストーラーを選択します。

ファイルを解凍し、setupを実行します。

32bit版と64bit版、VSTとAAXのプラグインを選びます。
フルインストールでもOK

プラグインのインストール先ディレクトリを指定できます。
変更してもよいが覚えておくこと。

ショートカットをスタートメニューに作るかどうか聞かれますが、アンインストールのショートカットプログラムなのでいらないような気がします。

アンインストーラープログラムはデフォルトだとProgram Files(x86)→TSE AUDIOにあるでしょう。
プラグインが入っているフォルダが記載されたメモ帳もあります。

Installで開始。

インストールしたらプラグイン用のフォルダに入れてDAWから読み込ませます。

メールアドレスの登録やアクティベーションが不要なので簡単です。

ベースを弾いてDAWのオーディオトラックでアンプシミュレーターとして使うのであれば、B.O.D単体でも使えます。
DAWで打ち込んだMIDIトラックに使う場合は、ベース音源+エフェクターの扱いでB.O.Dをプラグインに設定します。

無料ベース音源のおすすめはこちら

ギター用オーバードライブ&ディストーション

公式HPには他にも無料プラグインがあります。
ギタリストは要チェックですね。

TSE 808 Tube Screamerをモデルとしたオーバードライブ

TSE R47 RATをモデルとしたディストーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました