ギターハンガーをスチールラックに取り付けてギターを吊り下げてみる

K&M 16280ギター

ギタースタンドってけっこう場所をとるんですよね。

壁掛けにできる環境ならいいのですが、なかなかそうもいかなかったりします。

ギターハンガーを打ち込む木材などを天井と床に突っ張らせる方法や、ホッチキス針状の打ち込みで穴が目立たないから賃貸でも使える(原状回復しなくてもよいとは限らないのでは?)というギターハンガーもあるようですね。

色々と面倒なことになる可能性もあるし、簡単にどこかに吊るす方法が何かないかな、と考えまして。

スチールラックにギターハンガーを取り付けることができたので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンガーを取り付けるラック

私が所有しているスチールラックはこれです。

キタジマ スマートラック NSTR-634

散らかっていて見苦しいのはご勘弁を。

いかにも業務用な感じですね。

部屋のインテリアとしての見栄えにも好みがあるでしょうから、こういう無骨なラックでも気にならない人向けでしょう。

骨組みの穴と穴の中心の間隔が約51mmになっています。

ハンガーを取り付けられる穴があれば、ラックでも何でもよいということです。

ラックをお探しならこちらを参考にどうぞ。

楽天市場 キタジマ販売ページ

ギターハンガーを選択する

取り付け穴が2つのタイプのハンガーをいくつか調べたところ、穴の間隔はさまざまなようです。

ラックの穴の間隔に合うハンガーを選びました。
K&M 16280 ギターハンガー

K&M ( ケーアンドエム ) / 16280 ギターハンガー

ネジやアンカーを壁に打ち込んで固定するタイプのハンガーです。

2つの取り付け穴の間隔が約51mmあります。
(説明書の仕様では50mm)

ハンガーにしてもラックにしても、間隔50mmというのは何か共通の規格があるのでしょうか?
そのへんの事情は知りませんが、ぴったりのものが見つかって良かったです。

ネジ等は付属していないので、別途用意する必要があります。
ネジはM5(径が5mm)以下のものにします。

M5×30のネジとナットを2個ずつ、ホームセンターで購入しました。

ギターハンガーを取り付ける

サイズがちょうど良いので、取り付けるのも簡単でした。

ギターを吊り下げてみたところ、問題もなさそうです。

ちょうど良い間隔の穴がない場合、1か所だけ留めたらどうなるでしょうか。
ナットで締めているので抜けはしなくとも、長期的にはハンガーの穴の耐久性が心配です。
少々のぐらつきも地震となればさらに大きく揺れることとなるでしょうし、やはり2か所で留めるべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました