無料ギターアンプシミュレーター「IGNITE AMPS Emissary」の導入方法

DTM

IGNITE AMPS 「Emissary」は無料で使えるギターアンプシミュレーターです。

導入方法を簡単に説明します。

DAWソフトをすでに持っているならば、ダウンロードしたらプラグイン用のフォルダに入れてDAWから読み込ませればいいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IGNITE AMPS Emissaryのダウンロード方法

公式サイトからダウンロードします。

IGNITE AMPS

下の方にスクロールします。
OSに合わせてDownloadをクリック。

BUY NOWを選びます。
カートに入れて0ドルで買う、という流れです。

ここでユーザーマニュアルをダウンロードすることもできます。
しかしEmissaryをダウンロードするとマニュアルは付いてくるので、ダウンロードしておく必要はありません。

CHECKOUTを選びます。

通信販売の体裁なので、住所等を入力する必要があります。

郵便番号を入力すると市区町村まで表示されます。
地域によっては町名が漢字で表示されたりするので、アルファベットに打ちかえましょう。
住所の記入方法は、外部サイトを参考にしてはいかがでしょうか。
海外通販購入ガイド
planetexpress

入力したら、Continue to paymentをクリック。

確認して、Pay now をクリック。

Thank you~と表示されたら手続き終了です。

メールが3通届きます。
STL Tones Downloads Order STL*******(オーダー番号) のメール本文に、ダウンロードリンクが記載されているのでクリックします。

ダウンロードをクリック。

ダウンロードしたファイルを展開しインストールプログラムを実行します。
なお、ここにマニュアルがpdfで入っています。

32bit版に続いて、64bit版のインストール場所を指定します。
どこにインストールされるのか覚えておきましょう。

32Bit

64Bit

32・64bit版の要・不要を指定できます。そのままNextでもOK。

Installで終了。
指定したフォルダには以下のファイルがあるので、DAWのプラグインフォルダに入れましょう。

アンプシミュレーターとキャビネットシミュレーター

アンプシミュレーターは大まかに以下で構成されます。

  • アンプシミュレーター
  • キャビネットシミュレーター
  • IRデータ

無料のシミュレーターではこの3つをそれぞれ入手しなければならないところですが、今回紹介したアンプシミュレーターのEmissaryには、キャビネットシミュレーターのNadIRとIRデータがまとめて付属されます。便利ですね。

Emissary

パネル右下の矢印から裏面を表示できます。

NadIR(ver2.0)

2つのキャビネットに別のデータを入れて混ぜることもできます。

6つのIRデータが付属しています。環境によるのでしょうが、windowsであればマイドキュメントにSTLのフォルダ名で入っているようです。
別のIRデータがあれば、フォルダマークからフォルダを指定できます。

何の参考にもならないかもしれませんが「Emissary」と「NadIR」で音作りしたのでよろしければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました