無料の仮想MIDIケーブル「MIDI Yoke」の簡単な導入方法

DTM

MIDI YokeはPC内の複数のソフトでMIDI信号を送受信できる、フリーの仮想MIDIケーブル(ポートソフト)です。

DAWソフトはプラグイン同士でMIDI信号の送受信が行えますが、フリーDAW のREAPERやシーケンサーソフトのDominoには送受信の機能が付いていません。

MIDI Yokeを使うことで信号の送受信を可能にし、プラグイン音源を鳴らすことができます。

MIDI Yokeの導入方法を簡単に説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MIDI Yokeのダウンロード

MIDI Yokeの配布元サイトからダウンロードします。

MIDIOX

MIDI Yokeをクリックして下にスクロール。

Midi Yoke NTのDownload Nowをクリックし、MidiYokeSetup.msiファイルをダウンロードします。

アイコンをダブルクリックするとインストーラーが起動しますが、Windows Vista以降のOSではUAC(ユーザーアカウント制御)が働いて、うまくいかない場合があるので別の方法でインストールします。

UAC(ユーザーアカウント制御) を無効化してインストール

Windowsの「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

管理者としてコマンドプロンプトが開きます。

MidiYokeSetup.msiを「Shiftを押しながら右クリック」して、「パスとしてコピー」を選択します。

管理者として開いたコマンドプロンプトで、「右クリック→貼り付け」でMidiYokeSetup.msiのパスを貼り付けます。

Enterキーを押すとインストーラーが起動します。

Nextを選んでいけばよいです。終わったらPCを再起動しておきます。

インストールしてもアイコンがデスクトップに現れるわけではありませんが、コントロールパネルから確認ができます。

コントロールパネルを開き「コントロールパネルの検索」にyokeと入力してみます。

MyokeNTが表示されました。(何か一文字を入力した時点で出るとは思います)

MIDI Yokeは64bit版のOSに対応していません。

MyokeNTを選択するとConfigureが表示されます。

ポートの数を変更できますが、8のままでよいです。

次はVSTHostを導入します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました