音楽スタジオに行ってみよう! 初心者の心構え

ギター

バンド練習をするときには音楽(練習・リハーサル)スタジオを使います。

怖いバンドマンがたむろする、薄暗くて危険な雰囲気の場所。
というのも今は昔、音楽スタジオはそんな怪しい場所ではありません。(一部を除く)

キレイで快適に練習ができる施設になりました。

でも初めての場合にどうやって利用するのか、よくわからないものですよね。
そこで予約方法や機材の使い方などをまとめてみました。

音楽スタジオデビューしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

予約方法

スタジオは事前に予約をしてから利用します。

インターネット予約を受け付けているところもありますが、まずは電話をかけてみます。スタジオを利用したい日と時間帯、初めての利用であればそのことを店員さんに伝えます。

利用には会員登録が必要となりますので、初回スタジオ入りした時に会員登録をすることになるはずです。

次回からは会員番号を伝えましょう。

スタジオのホームページには部屋ごとに1時間あたりの料金が記載されていますので、見ながら希望の部屋と時間を相談してください。

細かいことですが、電話をかけるのは例えば10時ぴったりなど何時00分からは5分程度少し時間をずらした方が良いと思います。

スタジオ利用者の出入りや精算の対応があるため、店員さんが電話に出られない場合があるからです。

練習当日は、開始時間前にスタジオに行って受付を済ませましょう。

スタジオの使い方

スタジオの部屋は防音ドアになっています。

しっかり閉まっていることを確認しましょう。
またドアを開閉するときは演奏をしないようにしてください。

スタジオによって置いているアンプはさまざまですが、多くのスタジオに用意されている定番のアンプがRoland JAZZ CHORUS(ジャズコ)とMarshall JCM(マーシャル)です。

大型のマーシャルアンプは真空管アンプですので、取扱いには注意が必要です。

ジャズコ

  1. 電源をコンセントにつなぐ
  2. シールドをインプットにさす
  3. 各つまみが0になっていることを確認する
  4. パワーをオンにする
  5. ボリュームを上げ、音作りをする
  6. 終了時は逆の手順で

マーシャル

  1. 電源をコンセントにつなぐ
  2. シールドをインプットにさす
  3. 各つまみが0になっていることを確認する
  4. パワーをオンにする
  5. ボリュームを上げ、音作りをする
  6. 終了時は逆の手順で

終了時間の5分前には片付けを始め、時間内に退室しましょう。

次の利用者に迷惑をかけないようにしてください。

部屋を出たら受付で精算します。

個人練習

スタジオは個人練習の利用も可能です。

料金表には、1人または2人の金額が記載されてはいないでしょうか。

予約時に個人練習として1人(あるいは2人)であることを伝えましょう。

ただし、個人練習の場合の予約受け付けは当日か前日から、というスタジオが多いです。

まとめ

大きな音を出すのは気持ちがいいものですので、バンドを組んでいなくてもぜひスタジオを利用してみてください。

わからないことは必ず店員さんに聞いて、マナーを守ってスタジオを利用してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました