サーバー応答時間を短縮する方法【PageSpeed Insights】

ブログ

Webサイトの表示速度を計測するPageSpeed Insightsにおいて、改善できる項目として「サーバー応答時間の短縮」が提示された場合の対処法の一つを説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サーバー応答時間の短縮とは

サイトの表示速度を計測します。
PageSpeed Insights

サイトのURLを入力して分析します。

PageSpeed Insightsには改善方法のヒントが記載されていますね。

「サーバーの応答時間は、ページのレンダリングを開始するために必要な HTML をサーバーから読み込むのにかかる時間を測定したもの」

PageSpeed Insights サーバーの応答時間を改善する

たくさんある方法のうちから、サーバー側のPHP(言語)のバージョンアップをしてみます。

さくらレンタルサーバPHPのバージョンアップをする

さくらレンタルサーバを例にします。
新サーバコントロールパネルにログインします。

スクリプト設定 → 言語のバージョン設定
PHPのバージョン → 設定から推奨のバージョンを選ぶ

モードはモジュールで保存、設定が変更されたことを確認

PageSpeed Insightsのスコアがこれで上がるとは限りませんが、改善につながる対処をこなしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました