大切な女性に花を贈ろう センスがない男性のためのプレゼント入門

結婚・婚活

女性へのプレゼントってなにを贈ればいいのかわかりませんよね。

そんなプレゼントを選ぶセンスも経験もない私に朗報。

花です。

大切にしたい女性へのプレゼントとして、花を贈りましょう。
花はいいですよ。

・いい関係になりつつある女性へのアプローチに
・彼女、妻へ記念日のプレゼントに

プレゼントを贈りたいけど、どうしたらいいのかさっぱり?
という人むけのプレゼント入門として花をおすすめします。

なお、花だけ贈ってりゃいいってものでもないので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ贈り物に花がよいのか

センスがないというよりは、価値観やら美的感覚やらが男性と女性では違うということなんですよね。

アクセサリー・香水など女性が喜ぶとされるプレゼントとして紹介されるものであっても、プレゼント初心者には危険なアイテムだと思います。

良かれと思って選ぶのでしょうが、女性が喜ぶ物にならないのが悲しいところです。

自分の感覚で気に入ったものしか女性は身につけたくないんです。
男の感覚で選ぶサプライズって女性は求めてないですよ。

そこで花です。

花を選ぶセンスってものもあるでしょうが、花屋がうまいことやってくれます。

しかも、花をもらって喜ばない女性はいません。

もう少し正確にいうと、
「好意のある男性から花をもらって喜ばない女性はいないわけでもないが少ない」
ですけど。

贈りものには消耗品がよい、ともいいますね。

あまりお気に召さなくても、なくなってしまう物のほうが気持ちの負担にならないのが助かります。

花は散るからいいんですよ。

花屋に行こう

花屋で花を注文しましょう。

どう頼んだらいいのかわからなければ、
「バラと、この白いのでみつくろってください」
と言えばいいです。
私はそう言いました。

白いのってのは「かすみ草」です。
花の名前なんて知らないですよね。

みつくろってもらったのがこちら。

もちろん「バラ」でなくとも、色々あるので好きに選べばよいです。

さすがに「」とか選ばないと思いますが、誰にあげるものなのかを店員さんに伝えてアドバイスをもらえば、適さない花を包んでしまうこともないでしょう。

また、店頭にはすでにラッピングをした束が置いてあったりもするので、それを選んでもよいと思います。

花言葉とかありますけど、余裕があれば気にすればよいかと。

どのように渡すか

どのように渡すのがよいのか? というのは難しい問題です。
想像しましょう。

デートの初っぱなに花束渡して、持って歩かせるのか?

バカデカい花束かかえて電車に乗って帰らせるのか?

花をもらう状況は嬉しいとしても、花瓶に生けて飾るのはめんどうなのでは?

花が好きな女性であるかどうかがわかっていない状況であればなおさら、小さな花束をさらりと渡すのがよいと思います。

フラワーギフトを注文する

花を配送してもらうシチュエーションの方がよい場合もあるでしょう。

また、水を与える必要がなく、短期劣化がないプリザーブドフラワーなんてのも手です。

フラワーギフト通販店を紹介しますので参考にしてみてください。

約1800店の全国の加盟店のお花屋さんが直接ご自宅にお届け
即日配達・送料無料!お花のプレゼントなら【フジテレビフラワーネット】

プロポーズや記念日に フラワーギフト専門店
プロポーズ・フラワーギフトの専門店【パティスリーフラワー】

記念日に、世界に一つの枯れないバラをプレゼント
プロポーズに枯れない花をプレゼント!【メリアルームプロポーズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました