ステンレスボトルを酸素系漂白剤で洗浄してみた

ライフハック

真空断熱のステンレスボトルやタンブラーって断熱性能が便利過ぎて使っている人も多いと思います。

何を入れるかにもよるんでしょうけど、コーヒーやお茶だと着色しやすくて汚れを落としにくいですよね。

この汚れを落とすには酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)がよいとのことなので試してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酸素系漂白剤

通常は食器用中性洗剤で洗えばよいのですが、汚れが付着した場合には酸素系漂白剤を使用するように、とサーモスの取扱説明書に記載があります。

ステンレスボトルに塩素系漂白剤を使ってはいけません。
さびや保温保冷不良の原因になるそうです。

私が使用したのは太陽油脂の酸素系漂白剤。
粉が入っています。

まな板やふきん等にも使えるようです。

つけ置きする

洗う前です。
汚いですね。

30~50℃の水2リットルに8g(キャップ1/3)を溶かして15~30分浸すとあります。
400mlのタンブラーなら1.6gってことでしょうが、計るのめんどいんで適当に。

40℃くらいのぬるま湯を入れてみました。

必ずかき混ぜて洗剤を溶かしましょう。

正直に言うと、私はかき混ぜるの忘れたためにキレイになったのは底の方だけだったので、2回やるはめになりました。

少し経つと泡が出て汚れが浮いてきます。

30分ほど放置したあとに洗い流します。
とてもキレイになりました。

新品同様です。

汚いボトルを使い続けている人は試してみましょう。

マイボトル洗浄器

マイボトル洗浄器という電池で駆動する専用の機器もあるようです。

この洗浄器の場合は、つけ置きする時間も短くてすむみたいですね。
サーモス以外では使いにくい場合もあるでしょうから、時間をかけてもよいなら酸素系漂白剤だけでもよさそうなのでお好みで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました